■メリーの10歳のお誕生日☆
b0033735_22533326.jpg

8/19はメリーのお誕生日!
メリーは酷いアレルギーだから、ごはんはいつもと一緒だったけど(笑)、


b0033735_22562937.jpgメリーが大好きそうな、あまーい匂いのするゴムのおもちゃをプレゼント。

最近コングにも飽きてきてたし、新しい刺激が欲しかったんだよね。
さんざんもったいぶってからあげると長続きして遊んでくれるからね!

b0033735_22573025.jpg

このおもちゃ、とても良く気に入ってくれたらしく、激しく遊び過ぎる訳でなし、かと言って、飽きることもなく、気がつくとガジガジと噛んで、引っ張りっこしようって持ってくる。ちょうど良かったみたいでよかったね☆

b0033735_2305350.jpgあとは、関節用のコイドロチンとか何とかを病院から関節炎の予防に出してもらったり、写真の「10歳からの愛犬に」というサプリメントもプレゼントしました。
夕方からは大好きなお庭でさんざんボール遊び&お風呂。


アっと言う間の10年。
写真で顔を見ただけで決めた私のところへ、
淡路島のブリーダーから飛行機でひとりぼっちで来てくれた。
赤ちゃんの時から皮膚炎がひどくて、
ブリーダーの仲介者に「返品しますか?」と言われて怒って断ったっけ。
吉岡のオーダーメイドのフードに出会うまでの3〜4年の間、
身体から汁が出るほど酷い皮膚炎に悩まされました。
2歳には綿棒200本飲み込み事件を起こして、無事に自力で吐いたものの、
すぐに胃捻転、手術で開腹して、腫れてしまってた脾臓も取って、
その直後から貧血と不整脈が発症。4才頃から心臓発作を起こすようになり、
6歳には、乳腺腫瘍(良性)が見つかり、避妊手術と腫瘍の摘出手術をすることに。
不整脈だったから先生も手術が怖くて、とても心配した。
7歳ごろには靭帯断裂の大怪我、
8歳前には発作がひどくなって洞不全と病名が付き、9歳直前でペースメーカー手術。
メリーの10歳までの犬生は順風満帆とはとても言いがたい病気や怪我との戦いばかりでした。でも、ペースメーカーの手術が成功してからというもの、
今までの分を取り戻したかのように元気いっぱいで、
とても10歳とは思えないほど若返ってくれました。

10年も一緒にいてくれるとね、
犬と暮らした人なら紀元前から誰でも知っていることですけど、
凄いんですよね、何でもわかりあえて☆
毎朝、目覚ましが鳴ると寝ぼけながらも私をつついて起こしてくれて、
夜は「もうおやすみ。」って言うとベッドルームに行ってくれる。

メリーのおかげで私は仕事を家でやろうと奮起できたし、
それでずっと一緒にいられて、メリーも私もシアワセ。
それは全部メリーがとてもいい子だったから。
メリーじゃなかったら怠け者の私は努力できなかったよ。本当にありがとね。
毎日仕事中は私の膝で待ってて、ソファでは肘掛けや枕になってくれて、
夜もぴったりくっついて寝てくれてありがとね。夏で暑いんだけどね(笑)。
メリーがいないと全然ダメな私だけど、これからもずーっと一緒にいてね。
[PR]
by tomo_loves_merry | 2007-08-21 23:19 | 最新のメリー
<< ■メリーが世界で一番好きな場所 ■メリーの手術からちょうど1年... >>